自由への第一歩

【10万円給付金】使う前にまずは支出管理【給付金の使い道も解説】

お役立ち情報

こんにちは。

2児の父親で脱公務員を目指しているコトハルと申します。

さて、国がすべての国民に対し、一律10万円の給付を行い、もうすでに受け取った方もこれからの方もいらっしゃると思います。

この10万円を何に使うか迷われてる方も多いのではないでしょうか?

緊急事態宣言も解除されて、コロナも少しずつ収まりを見せ始めています。そうなると、今までの鬱憤を晴らすように、外出する機会が増え、ムダに浪費してしまう可能性もあるかもしれません。

また、緊急事態宣言も解除されたとはいえ、今後のコロナの動きには細心の注意も必要です。

 

そこで、この10万円給付金を使う前に、今後のことも見据えて、まずは家計の支出管理をする方が優先的です。

支出管理をしないと、穴の空いたバケツに水を注ぐようなもので、そこからずっとお金が逃げていきます。ただの浪費だとせっかくの10万円給付金がもったいないのですし、なによりもコロナの第2波に警戒する必要があります。

こういった状況ですので、一度、支出を見直してみるのはどうでしょうか?

◆この記事を読むとわかること

  • 支出管理の見直し方
  • 固定費を削減する具体的な方法
  • 10万円給付金のオススメな使い道

私は支出管理と固定費の見直しだけで、毎月8万円も浮かすことができました。

人によってその額は当然かわると思いますが、この記事を読んでみて、少しでも役立つ部分があるかもしれませんので、最後まで読んでいただければ幸いです。

スポンサーリンク

使う前にまずは支出管理

スポンサーリンク

家計簿で家計全体の支出を把握

まずやるべきは、月々、何に、どのくらいお金がかかっているかを把握することです。

これができていない人は、圧倒的にお金の浪費が多く、貯金できない人が多いです。

まずは収入と支出を知ることで、

  • 月どのくらい自由に使えるのか?
  • 月にどれくらい貯金できるのか?

こういったことがみえてくると思います。

また、収支を気にしたり、知ることによって、
お金の管理に関心がでて、財布の紐もかたくなります。

 

では、収支を知るには、具体的にどうすればいいのか?

 

家計簿をつけましょう。

 

こう聞くと、

  • めんどくさいそう…
  • 難しそうだし…

と聞こえてきそうですが、本当にカンタンです。

 

今はいい家計簿アプリがたくさんあります。

家計簿アプリにクレジットカードを銀行のカード連携すれば、あとは勝手に…とまではいいませんが、ほぼ手間いらずで、すごく楽に管理することができます。

 

ポイントとしては、
クレジットカードと銀行のカードを必ず連携することです。

 

クレジットカードはいくら使ったかわからないから、あまり使いたくないな!

こういった方にこそ最適です。

連携していると、家計簿アプリに支出状況や収入状況の情報が自動で入り、

わかりやすく表示され、勝手にまとめてくれるので、誰でもカンタンに管理することができます。

また、銀行のカードとの連携で預金状況もすぐにわかります。

 

少し話が逸れますが、なにより現金払いほどもったいないことはないです。クレジットカード払いだとポイントが付きます。この差はかなり大きいです。また最近はキャッシュレス対応のところもかなり増えています。もはや、現金はほぼほぼ必要ないくらいで、スマホ1つで身軽に行動できます。

ちなみに私は昨年の10月頃から楽天経済圏に移住し、今現在(6/5時点)ではもうすでに13万ポイント(13万円分)も貯まっています。

ポイント

やるかやらないかでこのくらい差がつきます。

過去に楽天経済圏に関しての記事を書いてます。合わせてご覧ください。

【楽天経済圏】楽天SPUをカンタンに10倍にする方法

 

けど、アプリとカードとの連携って
なんだかこわい……

こう思われる方いると思います。

結論、全然大丈夫です。

私はもう5年ほど、家計簿アプリ使ってますが、一度も詐欺とか、不正だとか、一切ありません。

利用しない理由が見当たらないくらい便利ですよ。

 

私が使っているアプリは、

「マネーフォワードミー」というアプリを使っています。

実際、どの家計簿アプリでも大丈夫です。
使いやすさはそこまで変わらないと思います。

一応、リンク貼っておきます。

マネーフォワード MEサポートサイト | はじめての方
マネーフォワード MEをはじめてご利用になるユーザーさま向けのガイドです。

固定費の見直し

固定費は一度見直すと、節約効果が大きく持続しやすいです。

これから解説する4つは多少手間でも、支出を大きくをおさえ、確実に節約できるところですので、見直す価値はかなり高いです。

 

①格安SIM変更
②保険の見直し
③電気ガスの見直し
④月額課金(サブスク)の見直し

 

格安SIM変更

格安SIMはカンタンに変更できて、大きく支出を見直せるところなので、まだ変更してない方はいち早く見直すことをオススメします。

私は妻と格安SIMに変更して、スマホ料金だけで二人合わせると月に12,000円もの節約に成功しました。

人によってはもっと節約できると思います。

 

余談ですが、所得が高い人ほどスマホは格安SIMを使い、反対に所得の低い人ほどキャリアを使っている人が多いというデータがあるそうです。

お金持ちが、お金持ちたる所以がわかりますね。

 

キャリアから格安SIMに変更しない人の大きな理由は、

  • めんどくさいから
  • よくわからない

こういった理由が大多数ではないでしょうか?

あと、通信速度が遅いことやキャリアメールが使えないなども理由ですかね。

確かに最初はめんどくさいところもあります。

キャリアメールをGmailなどに乗り換えたり、MNP番号を取得したり、お店に出向いて時間がかかったり(自宅でも変更できます)更新月によっては違約金もかかる場合もあります。

こういっためんどくささは確かにあります。

しかし、1度頑張るだけで、私の場合だと、
年間14万円ほどの節約につながっているんです。

14万円分働こうと思ったらけっこう大変です。それを1度ガマンしただけで、こんだけ節約できます。また違約金がかかったとして、それを差し引いても全然お得です。

正直、やらない理由がないと思います。

また、気になるのは、通信速度だと思いますが、私は楽天モバイルを使っているのですが、正直そこまで気になりません。

確かに12時~13時、18時~19時の間は遅いです。しかし、場所にもよりますが、普通にYouTubeとか観れますよ。

その他の時間はまったく問題なしです。

私は2ギガ契約ですが、楽天モバイルの良いところは、この2ギガを使い終えて、低速になっても、1Mbpsの速度が出るところ。

この1Mbpsは動画の視聴が問題ないくらいのレベル観れる速度です。

ですので、2ギガ使い切っても、速度に困ることは、さほどありません。

あと、この2ギガは低速モードと高速モードは好きな時に切り替えれますのでそこも魅力です。

 

SIMの変更のとき、私はお店でやってもらったのですが、

自宅での変更もとてもカンタンみたいですよ。半日もかからないみたいです。

変更する前にはMNP番号の取得を忘れずにしておきましょう!

 

また、楽天モバイルの話で恐縮ですが、
他にも専用アプリで通話10分無料だったり、楽天ポイントでスマホ料金を支払えるので、ここも大きなメリットになります。

ちなみに私の月々のスマホ料金は昨年(2019年)の11月から0円です。

携帯代

 

他の格安SIMの会社も料金体制や速度とかそういったところもさほど変わらないみたいですので、どの会社でもいいと思いますが、迷われてるなら、楽天モバイルをオススメします。

ここは見直せば、確実に節約につながりますので、ぜひ思いきってやってみて下さい。

 

保険の見直し

保険貧乏になっていませんか?

私がまさにこれでした。

私はここの見直しで、かなりの節約に成功しました。

ここだけで、6万円以上は節約できました。

解約前までの私は、保険で資産運用しており、ドル建て保険、養老保険、学資保険などで貯金もできて、保険もできるので、一石二鳥と思い、毎月40,000円、賞与で20万円ほどをせっせと貯金していました。
結婚して保険に入ったので、約3年半ほど
積み立てをしていました。

 

私みたいな方いませんでしょうか?

実は、この貯金型の保険は不要なんです。

・ドル建て保険
・個人年金保険
・養老保険
・学資保険
・積み立ての医療保険

こういった貯蓄型の保険は確かに資産運用の一部ですが、この運用に多くの利益が上乗せされていたり、手数料などもとても高くて、まさにぼったくりなんです。

運用するなら、優良な証券会社で積み立て投資した方がはるかにコスパがいいです。

 

いやいや!!
仮にぼったくりだったとしても保険は必要でしょ?

保険も必要最低限の掛け捨ての保険のみで十分なんです。

日本に住んでいる国民の方は国民皆保険制度によって、すでにかなり手厚い保険に入っています。

・高額療養費制度
・傷病手当金
・失業手当金
・遺族年金
・障害年金

このような強力なバックアップ体制が整っています。

こういった制度があることをちゃんと理解しておくことで、ケースバイケースですが、基本的に保険が不要だとわかります。

私はこういった真実を知ったときに、かなり衝撃的でした。実際にこの真実が本当なのかを、本やネット調べたり、ヒアリングもしましたが事実でした。

これを知ってすぐに解約しました。

貯蓄型保険は当然元本割れしてマイナスになりましたが、今では本当に解約して良かったと思ってます。
そのまま知らずにやっていたら、お金が減ったりする損はしませんでしたが、もっと優良な投資先があるのに、機会損失をするところだったし、何より長期契約で自由を奪われるところでした。

ですので、もし貯蓄型の保険に入っている方はこの事実を知り、自分で実際に調べてみることをオススメします。

調べるなかでオススメしたいのが、

リベラルアーツ大学の両学長のYouTubeです。

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

それと「お金のなる黄金の羽根の拾い方」という本もかなりオススメしたい本です。

保険以外にも税金の落とし穴や働き方を見直すのにとても勉強になります。

サラリーマンは必読してほしい一冊です。

電気ガスの見直し

2016年から電気ガスの自由化が始まり、もう4年経ちます。

意外にここを見直してない方いるんじゃないでしょうか?

私も全然見直したことがなくて、
昨年にようやく、電気とガスを見直しました。

最初、見直す前は移行とかめんどくさそうと思っていたんですが、やってみると全然カンタンです。

検索すると一括で見積りができるサイトがありますので、必要なところを記入するだけでカンタンに他社と比較できます。

私はガスの料金が変わらなかったので、移行していませんが、電気だけ移行しました。

会社は楽天でんきです。

移行もカンタンでした。
スマホやパソコンで記入欄に必要事項だけ打ち込んで終わりです。

前の電気会社への調整といったこともありませんでした。

大幅には変わっていませんが、月平均で約400円ほど安くなっています。
たとえ、400円でも十分にやる価値があると思います。年間4,800円も浮きます。

また、楽天でんきは楽天ポイントで電気代の支払いが可能ですので、私は毎月の電気代を5000~6000ポイント分だけ支払っています。

昨年からの電気代がこちら。

電気代

月々の使用量や楽天ポイントの残高にもよりますが、毎月の電気代を低価格で支払えているのはかなり嬉しいです。

電気ガス代は大幅に変わるものじゃありませんが、見直す価値が十分にあります。

月額課金(サブスク)の見直し

ムダに定期購入している物あるんではないでしょうか?

例えば、

・Amazonプライム
・YouTubeプレミアム
・U-NEXT
・Netflix

などなど、あればすごく便利だったりしますが、これらをちゃんと活用できていますか?

意外と使ってなくて解約し忘れてたってことありませんか?

私はありましたね(^^;

Amazonプライムの無料期間だけ使用しようと思って、そのあと解約を忘れてしまいました。

 

サブスクは月々の支払いが安価な料金が多いので、ついつい「このくらいいいだろ」みたいになりがちですが、

  • 自分に本当に必要なのか?
  • 自分に有益性があるのか?

この辺りをしっかり考えて使用しましょう。

他にもこういったところも見直してみて下さい。

  • 行ってもいないジムの会費
  • 癖でとりあえず飲んでるだけのお酒
  • 自己満足のためのだけの雑誌
  • 一度買ったからやめられないマンガ
  • ゲームアプリの課金
  • 行きたがっていない子供の習い事

意外とムダに定期購入しているものあると思います。

いい機会ですので、検討してみて下さい。

オススメな給付金の使い道は?

 

コロナの影響で

  • 生活が苦しい
  • 貯金がない
  • 給付金を生活費にあてなきゃ

こういった方を除けば、使い道は圧倒的に自己投資のお金に使ったほうがいいと思います。

貯金に余裕があるのに貯金するとか、株などに投資するのではなく、自分にお金を使った方が遥かにコスパがいいと私は思います。

投資の世界では自分に投資することが1番リターンが高いと言われています。

 

では、オススメの自己投資は?

副業資金

最近、ますます副業の多様化や重要性が高まっています。
このコロナウイルスで本業だけの働き方は危険だということが改めてわかった思います。

10万円あれば、ブログやYouTube、アフィリエイト、Webデザインといった、元手資金がかからず、小さく始められる副業ができると思いますので、この辺りがオススメです。

パソコン

最新のパソコンにして、時短や作業効率をあげることをオススメします。特に副業をしている人は一度見直してみるといいです。10万円前後で、ハイスペックなパソコンもけっこうあります。

私は最近14万円ぐらいのパソコンを買い換えたのですが、圧倒的な速さとその使いやすさにかなり驚いてます。

時短と作業効率が段違いに変わりました。ここには惜しみ無くお金を投資する価値があります。

デスク周りを充実させる

副業や在宅ワークをしている方は自分の作業場所に投資するのもいいと思います。

イス、机、モニター、キーボード、マウスなどに投資するのも、とてもオススメです。

作業効率や生産性が間違いなくアップしますし、自分のモチベーションも大きく向上します。

スマホ変更

スマホはだいたいの方が、いつも持ち歩いてると思います。

そんないつも持ち歩くスマホこそ、お金をかけ、何年も使っているスマホではなく、最新のスマホにすることをオススメします。

時短や作業効率をあげることはもちろん、最新に触れることにより、ITのリテラシーも上がります。

また、売ったときに、高く売れるリセールの良さも魅力的です。

引っ越し費用

地方や人の少ない田舎に引っ越しを考えてみるのもいいのではないでしょうか。

このコロナで在宅ワークやリモートワークが一気に浸透しました。
また、コロナの感染率は都心に比べると地方や田舎の方が低いこともわかっています。

このことから最近、地方や田舎移住の需要が高まりつつあるそうです。

現に私も田舎に移住を考えており、物件を毎日探しています。

とはいえ、まだまだリモートで仕事ができる会社は少ないと思いますし、できたとしても、会社が導入しないケースもあると思います。また、リモートにできない職種も多々あると思うので、一概にオススメできませんが、今後のコロナのことを考えると、引っ越しを検討する価値は十分にあると思います。

寝具

人は人生のおよそ1/3は寝ていると言われています。

この睡眠に投資しないなんてもったいないと、経営者や有名なインフルエンサー方々はよく言っています。

これを聞いて、確かにその通りだなと思いました。

10万円じゃいい寝具は買えないかもしれませんが、ここに投資する価値はかなりあると思います。

私も次の引っ越しのときに、いい寝具を購入しようと考えています。

 

あくまでも、私ならこれらに使うという一例です。ご参考程度にしていただければ幸いです。

まとめ

長くなりましたが、いかがだったでしょうか。

■使う前にまずは支出管理

○家計簿アプリで家計全体の支出を把握

○固定費の見直し
・格安SIM変更
・保険の見直し
・電気ガスの見直し
・月額課金(サブスク)の見直し

■オススメな給付金の使い道

・副業資金
・パソコン
・デスク周りを充実させる
・スマホ変更
・引っ越し費用
・寝具

給付金を使う前に、少しでもいいので支出の状況を見直してみてください。

見直すことで、今後の生活や買い物に対する考えが変わると思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

それでは、また次回!!

【コロナウイルス】こんな今だからこそすぐにやめるべき悪習慣6選

【アフターコロナを意識して】こんな今だからこそ自宅で私がやっていること

【コロナショック】今だからこそやるべき3つのこと【時間は有限です】

コメント

タイトルとURLをコピーしました