自由への第一歩

【これからパパになる人へ】子供が産まれたら心得ておくこと 7つ

子育て情報

こんにちは。

脱公務員を目指すコトハルと申します。

1児の父で、アラサーで公務員をしています。
もうすぐ2人目の子供が産まれるので、過去の自分を思い出しながら、これからパパになる方へ向けて、書いていこうと思います。

この心得を知っておくことで、不安や悩みといった対処ができたり、自分がやるべきことが分かると思います。

少しでもご参考になれば幸いです。

子供が産まれたら心得ておくこと7つ

 

①ママへのサポートはやり過ぎぐらいがちょうどいい
②子育ての知識を予習しておく
③子育ての大変さを知る
④できるだけ育休を取得する
⑤病気やケガしても焦らない
⑥両家の両親に感謝する
⑦子供の成長はホントはやい

 

解説していきます。

①ママへのサポートはやり過ぎぐらいがちょうどいい

ママは我々パパたちが思っている以上に子育てに付きっきりです。
それにプラスして、パパが仕事にいっているときは家事もこなしてくれています。

これってめちゃくちゃマルチタスクで、それを1人でやってるんですよね。

そりゃパパの態度によっては文句もでますね。

この現実を子供が産まれる前に知っておいてほしいです。

私は子供が産まれる前に、子育て大変大変とは周りから聞いていましたが、なんとかなるだろ!って思っていました。

実際にはちゃんと、なんとかなるんですが、その裏には妻のマルチタスクのおかげで成り立っていたところがほとんどでした。

このことを知ったときに、私は妻への尊敬と自分の小ささを知りました。

こういったことにならないためにも、

常にサポートを意識する!
ていうか、サポートする前に自分がやるつもりでいましょう。

あと、

・妻との会話を大事にする
・妻をたまには1人にさせてあげる
・産前産後のサポートの徹底

この3つも大事して欲しいポイントです。

②子育ての知識を予習しておく

けっこうパパにありがちなところですが、子育て知識がないので、なにやったらいいかわからないってことになりがちです。

こういったところもママから「父親としての自覚あるのかな」と思われるところだと思います。

ママを常に意識しろと言いたいのではないのですが、パパももっと知識を身につけておくことで育児の楽しさの幅がグッと広がることを言いたいです。

今はググれば簡単に何でも情報が落ちています。どんどん情報収集やっていただきたいです。

私がやっていたことは、

・1ヶ月目の赤ちゃんの必要知識、
・2ヶ月目の赤ちゃんの必要知識、
・3ヶ月目の赤ちゃんの必要知識、

こういったふうに、月がかわるごとにそのときの赤ちゃんの平均的な体重、身長、特徴などを調べていました。

これを知っておくことでママとの情報を共有できたり、注意点を知っておくことで先回りして準備できたりと、非常に役立つことばかりでした。

ぜひお試し下さい。

③子育ての大変さを知る

これからパパになる方は「もう何度も聞いたよ」と思われるかもしれませんが、
ここでも言っておきます。決してあおってるわけではありませんよ(^_^;)

子育ては本当に大変です。

先ほどネットで調べると言いましたが、調べていてもまったく同じ状況になることは、まずあり得ません。

赤ちゃんにも当然個性があり、性格も十人十色です。

全部同じであればカンタンでいいんですけど、そうはいきませんね。
まぁそこが良いところでもあるのですが!

私が大変だと感じたところ

・食事のやり方
・寝かしつけ
・オムツ交換やお着替え
・お風呂や歯みがき
・とにかく育児全般
・仕事と育児、家事の両立
・自分の時間がない

まだありますが、ざっくりこういったところが大変ですね。

育児の大変さを知ることでオススメなやり方があります。これは1度絶対にやった方がいいです。

それは、妻を1人にしてあげて、半日でいいので子供の面倒を1人でみることです。

できれば、産まれて半年後とかにやってみて下さい。

私はこれをやって育児に対する価値観が大きく変わりました。

あと、1つ言っておきたいのが、上記の大変なところであげた、「自分の時間がない」。

これは過去の自分にも言いたいのですが、自分の時間がないのではなく、時間は作るものなのです。

自分の時間がないは言い訳です。

厳しいことを言っていますが、本当にそうだと思います。

時間がないと言っている人ほど、スマホゲームしたり、ムダに寝てたりします。

過去の私がそうでした。

今は私は本業、育児、家事に加えて、副業や資産運用、読書などの勉強もこなしています。

いやいや、子供が3歳ぐらいで大きいからでしょ?

実際にそうではありません。
2歳ぐらいからめちゃくちゃ動き回るので、こちらの方がすごく大変です。

私的に赤ちゃんのときの方が圧倒的にラクに時間を作れます。

こうは言っても、時間を作ることはカンタンではないです。色々方法はありますが、今回オススメしたいのが、何かを捨てること!!

例えば、
・仕事のムダな飲み会は絶対に参加しない。
・ゲームをしない
・テレビをみない

こういったモノを捨ててみましょう。
この3つだけでもかなりの時間を作ることができます。
最初は苦しいかもしれませんがそのうち慣れます。

ちなみに私が捨てたこと

・趣味(ギター)
・友人と遊ぶ
・娯楽
・本業との繋がり
・休日

大まかですが、かなりストイックに物事を断捨離しました。
これぐらいしないと、副業とか資産運用まで手がまわらないですからね(^_^;)

ここまでやらなくていいですが、ご参考までに。
過去に記事をあげてますので、こちらもご覧下さい。

 

④できるだけ育休を取得する

日本って世界で1番、育児休業の時間を多く取れる国って知っていましたか?

しかし、厚生労働省の統計によると、2019年時点で毎年伸びてるとはいえ、男性はたったの6.16%だそうです。

ほとんど方は取得できていないという状況ですね。

私は1人目の子供のときは1ヶ月取得しました。もうすぐ産まれる2人目の子供のときは3ヶ月取得しようと思ってます。

これからパパになる方に声を大にして言いたい!!
育休取れる人は絶対取った方がいいです。ムリにでも取った方がいいです!!

育休の良さはやはり育児に参加できること。
その休業の中でしか経験できない、貴重な時間を妻と子供と共有できること。
そして、この貴重な時間は今その時しかないこと。

これはお金にも買えることができない、とてもかけがえのない経験になります。

給料は多少減ります。仕事の評価も下がるかもしれません。

しかし、そんな事よりもこちらの方が圧倒的に大切です。

今回は2人目の子供のとき3ヶ月取るのでとても育児が楽しみです。

男が育休…
仕事の評価が…
給料面が…

こんなことは気にせずに、1ヶ月でもいいので、育休取ってみて下さい。

反対に育休取りたくても取れない!って方ももちろんたくさんいると思います。

・休日出勤は普通にある
・定時で帰れることはほぼない
・休暇が取れない
・会社が育児に関して否定的

こういった会社に勤めてる方は一度働き方を見直した方が絶対にいいです。

育休どころか、自分の身体を壊しかねません。

今さら仕事辞めるとかムリ
転職とかこれからきついな

確かに気持ちはわかります。しかし、これは言い訳です。

ただ面倒で行動したくないだけです!

なにをしたらいいかは、この時代はネットにたくさん情報が載ってます。ほとんどのことは解決できると思います。

まずは勇気を持って行動です。

⑤病気やケガしても焦らない

子供ってなんでこんな病気するんだろ?
ってぐらい風邪とかひきます。気をつけてもなりますからね。

病気になったりケガしたりすると、とても心配したり悩んだりすると思います。
私も最初はけっこう焦りました(^_^;)

しかし、なってしまったものはしかがないし、悩んでても治るものではありませんので、しっかり現状を知って、自分ができることにフォーカスして看病しましょう。

あと、オススメしたいのが、

・夜間の緊急医療センター
・休日や長い連休のときにやっている病院

これらのやっている場所や電話番号は必ず知っておきましょう。また、住んでる市町村などで配られる病院一覧とかがあると思うので、すぐにみれるようにしておきましょう。

私はこの一工夫で、だいぶ救われました。

子供が2度ほど、大きな病気にかかり、それが年末年始だったり、夜中に突発的に起こったりしました。

夜中に娘が急に発作を起こし、妻は動揺して若干パニックになってましたが、私はこの控えておいた病院一覧をすぐに思いだして、すぐに電話して子供を搬送し、なんとか事なきを得ました。

この控えなどの存在がなかったと思うと、私もパニックになってたと思います。

いざというとき必ず役に立ちますので、絶対やっておきましょう。

⑥両家の両親に感謝する

子供が産まれるとパパとママだけじゃ人手が足らないってことはけっこうあります。

そんなときに心強いのは、両親の存在!
もちろん両親も子育てを経験しているので、本当にありがたい存在です。

両家の両親にどんだけ助けてもらったかわからないぐらい、今もお世話になってます。

おそらく今後もまたどこかで助けてもらうことが必ずあると思います。

ホント両親にはとても感謝しています。

おそらく、これからパパになる方も今後、両親にとてもお世話になると思います。

大きなお世話かもしれませんが、

人間慣れると感謝を忘れがちですので、日々の感謝はちゃんと伝えましょう。

⑦子供の成長はホントはやい

子供の成長は早いとよく言われますが、私自身もすごく実感します。

ホントびっくりするぐらい早いです。

この間までハイハイしてたのが、2週間後には歩るこうとしてるってこともあります。

身体もみるみる大きくなっていきます。

こういった成長を見るのは、親としての最大の特権だと思うのです。

この貴重な一瞬一瞬を見逃してしまうと、もう過去には戻れません。

ですので、育児に積極的に参加したり、育休を取得したりすることが大切です。

まとめ

いかがだったでしょうか。

子供が産まれたら心得ておくこと7つ

①ママへのサポートはやり過ぎぐらいがちょうどいい
②子育ての知識を予習する
③子育ての大変さを知る
④できるだけ育休を取得する
⑤病気やケガしても焦らない
⑥両家の両親に感謝する
⑦子供の成長はホントはやい

これからパパになる人に向け7つの心得を解説してきました。

この7つの心得は知っておいて損ではないので、是非ご参考にして下さい。

子供が産まれると、何度も言うように大変です。しかし、大変なことばかりではありません。むしろ、子供からたくさんの恩恵を受けているばかりです。

育児を一緒に楽しんでいきましょう。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

それでは、また次回!!

こちらも合わせてご覧ください。↓ ↓

【パパ必見】妻が妊娠したらパパが心得ておくこと8つ

【パパ必見】子育てで感じた悩みや解決法を父親目線で解説します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました