自由への第一歩

【アウトドア】北欧のキャンプギアを入手しました。

北欧ギアアウトドア

こんにちは!コトハルです。

今日は先日手に入れた【北欧のキャンプギア】の紹介をしたいと思います

スポンサーリンク

ようやく初のキャンプギアを手に入れました!!

しかも、私が大好きな北欧製のモノ。

 

家具でもそうなのですが、

北欧のモノはキャンプ道具にしてもシンプルで洗礼されています。

今回は購入した以下の3点を紹介をします。

「ククサ」、「メタルマッチ」、「モーラナイフ」

ククサ

ククサ

 

こちらはけっこう有名なので見たことある方も多いのではないでしょうか。

北欧のマグカップで有名な【ククサ】と呼ばれるモノです。

北欧の方々はこちらで、コーヒーやスープなど飲まれるそうです。

また、ククサは「贈られた人は幸せにになる」と言われています。

ちなみに北欧にはフィーカ(fika)とよばれる習慣があります。

これは日本でいうところの「3時のおやつタイム」であり、北欧の方々はこのフィーカタイムが来ると大人でさえ仕事の手を止め、みんなで集まりコーヒーの時間を楽しむそうです。

なんだか幸福度の高い理由がわかりますね。コーヒーの消費量も世界トップクラスです。

 

ククサ

 

購入したのは、「ククサキット」であり、

ある程度職人が削ったククサを、最後の仕上げは自分で削り、磨くというキットです。

削る

後述しますが、このナイフは別で購入したもの。

このひたすら削る作業はホントに至福の時間でした。

木が檜で削りながら香りも楽しめます。

自分だけのオリジナルを作っていきます。

 

完成はこちら

完成

完成

あまり変わってないですね(^_^;)

最後の仕上げに、キットに入っているサンドペーパーで磨き上げて終了です。

自分だけのオリジナルが完成しました。

実際にコーヒーを入れてみました。

コーヒー

コーヒーが注がれるとまたいい感じですね。おしゃれです!

 

ただ、味が……まずい。

檜の香りがコーヒーと混ざり、まずい(笑)

どう改善しようか(^_^;)

 

メタルマッチ

メタルマッチ

 

こちらメタルマッチとよばれるもので、

ナイフみたいなところをストライカーといい、

黒い棒状の部分をロッドといい、マグネシウムなどでできています。

使い方はストライカーで、ロッドを削り出すだけ。

そうすると火花がちり、着火する仕組み。

非常にシンプルです。

ちなみにナイフの背でもストライカーの代用としてできるみたいです。

雨の日でも使えて、キャンプの備えとして、一つは持っておいて損はないですね。

 

まだ真剣に着火させてませんが、おそらく着火させるのは、

慣れるまで非常に難しそうだと思います。

近々キャンプに行くので試してみます!

 

キャンプに行ってただチャッカマンで火をおこすより、

こちらのメタルマッチで点火するほうが、何倍も楽しみが増えそうです。

モーラナイフ

モーラナイフ

 

スウェーデンを代表する歴史あるナイフだそうです。

今回はククサを削るために、木工用のナイフを購入しました。

使ってみて柄が長く非常に持ちやすいです。

そして、刃が短いので、初心者には最適な使いやすいナイフでした。

カーブする部分も力がいらず、女性でも楽々削れると思います。

とてもシンプルで使いやすいくオススメです。

削る

 

まとめ

ご紹介したギアだけでなく、北欧のギアはムダがなくシンプルでカッコいいです。

また、購入したり、使ってみたら記事にしようと思います。

購入した場所のリンクも貼っておきます。

UPI OUTDOOR 鎌倉
スカンジナビアのアウトドアカルチャーを発信するアウトドアショップです。モーラナイフをはじめとするアウトドアグッズ正規輸入代理店の(株)アンプラージュインターナショナルが運営しています。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

それでは、また次回!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました