自由への第一歩

お金を貯めたい人がすぐにやるべきこと3選

お役立ち情報

こんにちは。

脱公務員を目指す、コトハルです!

お金を貯めたい人がすぐにやるべきこと3選

を解説します。

今日の記事はこんな人向け

  • お金を貯めるのが苦手
  • お金の管理ができない
  • 単純にお金の貯め方を知りたい

結論を先にいいます。

①支出管理
②固定費の見直し
③毎月の給料から天引き貯金(できればiDeCo)

この記事を読むことによって得られるメリット

  • お金に関心が高まる
  • すぐにできる
  • やれば必ず結果がでる

私は支出管理と固定費の見直しをした、
次の月から、6万円近く削減できました。

  • 支出管理、
  • 固定費の見直、
  • 給料からの天引き貯金

一度やるだけで効果絶大です。
しかも、やれば必ず結果がでます。

分かりやすく解説していきますので、
よろしくお願いします。

お金を貯めたい人がすぐにやるべきこと3選

①支出管理
②固定費の見直し
③毎月の給料から天引き貯金(できればiDeCo)

 

解説します。

①支出管理

支出管理はお金を貯めるにあたって、
めちゃくちゃ大事なことです。

お金を貯める力がある人のほとんどが
支出管理できているのではないでしょうか。

逆にお金がない!とか言ってる人に限って、
お金と時間を浪費しています。

まずやるべきは、支出管理です。

月々、何に、どのくらいお金がかかっているかを把握しなければなりません。

これがわかったところで、
お金が貯まるのとどう関係があるの?

とても関係があります。

スポーツに例えるなら、
まずは選手のことをわかっていないと、
教育や指導だったり、試合などにも出せませんよね?
もし、試合などに出しても失敗するのがオチです。

お金の支出管理も同じで、まずは知る。

それから、月どのくらい使えるのか?

月にどれくらい貯金できるのか?

知ることで、こういったことがみえてくると思います。

また、収支を知ることによって、
お金に関心がでて、財布の紐もかたくなります。

では、収支を知るには、
具体的にどうすればいいのか?

家計簿をつけましょう。

こう聞くと、

めんどくさいそう…
難しそうだし…

と聞こえてきそうですが、本当にカンタンです。

現代はいい家計簿アプリがたくさんあります。

家計簿アプリにクレジットカードを連携すれば、あとは勝手に…とまではいいませんが、ほぼ手間いらずで、すごく楽に管理することができます。

ポイントとしては、
クレジットカードを必ず連携することです。

  • クレジットカードはいくら使ったかわからないから、あまり使いたくない!

こういった方にこそ最適です。

連携していると、すぐに家計簿アプリに支出情報が入り、

収支状況がわかりやすく表示され、カンタンに管理することができます。

けど、クレジットカードと連携って
なんだかこわい……

こう思われる方いると思います。

結論、全然大丈夫です。

私はもう5年ほど、家計簿アプリ使ってますが、一度も詐欺とか、不正だとか、一切ありません。

やらない理由が見当たらないくらい便利ですよ。

私が使っているアプリは、

マネーフォワードミーという
アプリを使っています。

どの家計簿アプリでも大丈夫です。
使いやすさはそこまで変わらないと思います。

一応、リンク貼っておきます。

マネーフォワード MEサポートサイト | はじめての方
マネーフォワード MEをはじめてご利用になるユーザーさま向けのガイドです。

話はそれますが、現代社会はもうキャッシュレスです。

まだクレジットカードを持ってない人は

すぐに作ることをオススメします。

現金払いけっこう損してますよ。

②固定費の見直し

1格安SIMに変更
2保険の見直し
3電気やガス会社の変更
4車関連
5住宅費
6ムダに定期購入しているもの

この辺りを見直すだけで、一気に節約になります。

そして、固定費は一度見直すと、長期的に節約できます。

先ほどもいいましたが、私は6万円ほどの節約に成功しました。

かなり大きいところなので、少しめんどくさいかもしれませんが、すぐに見直しましょう。

今回は1~6まで詳しく説明するとかなり長くなるので、ポイントだけ述べていきます。

また過去に詳しく解説してますので、こちらもご覧下さい。

【脱公務員へ】 本当に必要? 見直すべき固定費6選

 

格安SIMに変更

キャリアは本当にもったいないので、

すぐに格安SIMへ。

楽天モバイルをオススメします。

格安SIMに色々不便さを感じる人もいると思いますが、

私は思ってるほど、デメリットほとんど感じてません。

ほぼ支障なく使えてます。

保険の見直し

  • 独身者の必要な保険

独身の方は住んでるところの火災保険のみ。
あとクルマを持ってる方は、自動車保険。車両保険は要りません。

  • 既婚者の必要な保険

既婚者は、自分の分のみの生命保険。住んでいるところの火災保険。
クルマを持ってる方は、自動車保険。車両保険は要りません。

電気やガス会社の変更

電気ガスの自由化になってまだ見直されてない方は

一度比較サイトなどで確認してみてくだい。

意外と変更もカンタンですよ!

車関連

自動車の維持費って、けっこうお金かかってると思います。

一度手放してみることを検討したり、

カーリースやカーシェアリングなどを検討してみるのも手です。

また、クルマを購入するときは、本当に新車じゃなくてはいけないのかをしっかり考えましょう。

新車には当然、新車プライスが乗っています。大きな買い物なので、気をつけて購入したいところです。

住宅費

周りの賃貸と比べて割高だったり、

自分の住んでるアパートの家賃をウェブサイトで検索すると、

賃料が下がっている場合があります。

ここを交渉材料に、勇気をだして、家賃の値下げ交渉をしてみましょう。

また、更新月だったりすると

話が通りやすいです。

ムダに定期購入しているもの

Amazonプライムなどのサブスクリプションの解約忘れとか、
使ってないのにムダに契約とかしてるモノあるかもしれません。

  • 行ってもいないジムの会費
  • 癖でとりあえず飲んでるだけのお酒
  • 自己満足のためのだけの雑誌
  • 一度買ったからやめられないマンガ
  • ムダなアプリの課金
  • 行きたがっていない子供の習い事

意外とあると思います。見直してみてください。

③毎月の給料から天引き貯金(できればiDeCo)

どうしても貯金が苦手、
給料が出たらすぐ使ってしまう

こういった方、いると思います。

自分が好きでやっているなら、
全然構いませんが、
そうでない方は、月々の給料から天引きして貯金できるような仕組みを強制的に作りましょう。

定期預金や財形貯蓄など、割とすぐ始めることができると思います。

少し手間がかかりますが、オススメしたいのが、
iDeCoやつみたてNISAです。

この2つの特長は
非課税で運用益を得ることができて長期に渡って運用できること。

また、自分の口座内にある貯金から、
自動で天引きできることが可能です。

特にiDeCoは一度始めると、原則60歳まで引き出せない特長もあるので、貯金できない方には強くオススメします。

つみたてNISAやiDeCoに関しては、過去に詳しく解説してますので、合わせてご覧下さい。

【資産運用】初心者にオススメの理由と始め方

本題とは変わりますが、こちらもお金の増やし方として大事な考えを解説しています。

こちらもご覧ください。

【ムダな浪費はやめよう】お金を増やして資産を買う

定期預金でもつみたてNISAやiDeCoでも、

まず最初は少額から始めましょう。

まとめ

お金を貯めたい人は、
すぐにこの3つを始めましょう。

①支出管理

家計簿アプリを使って収支を管理

②固定費の見直し

1.格安SIMに変更
2.保険の見直し
3.電気やガス会社の変更
4.車関連
5.住宅費
6.ムダに定期購入しているもの

③毎月の給料から天引き貯金(できればiDeCo)

自動で天引きしてくれる仕組みづくり

 

これを読まれてる方の中には、
家計簿つけてとか、固定費見直してとか、
そんなこと言われなくてもわかってる
と思うんです。

しかし、わかっていながらも
行動に移せる方ってごく少数だと思います。

やれば必ず結果がでるのに、やらないのは本当にもったいないんです。

1ヶ月、2ヶ月の面倒をガマンするだけで、長期的にお金を貯めることができるんです。

とりあえず、これを読み終わったあと、すぐに家計簿アプリのダウンロードから始めましょう。

とにかく行動です!!

ここまで読んでいただきありがとうございました。

それでは、また次回!!

【コロナウィルス】 こんな今こそ見直したい、家に居ながらすぐにできる支出管理4つ

【アフターコロナを意識して】こんな今だからこそ自宅で私がやっていること

コメント

タイトルとURLをコピーしました